「これは安心!収支保証のあるフランチャイズがあるって知ってた?」

独立経営ならではの不安を解消


フランチャイズといえば、未経験者でも比較的手軽に独立開業を果たすことのできる店舗経営方式としてよく知られています。
フランチャイズとは各店舗が運営本部と加盟店契約を結び、さまざまなノウハウの提供を受けながら小売や飲食、各種サービス業などを経営していく手法です。それぞれの店のオーナーは独立した事業主ですが、全体が1つのチェーン店グループとして展開していくので、完全な単独経営よりも安心感が得られます。もちろん、研修の実施や営業支援、各種マニュアルの提供など、日常的なサポートも受けられます。
ただ、個々の店舗はあくまでも独立経営なので、時には事業が思うように行かないこともあります。そのため、フランチャイズ方式を採用している企業の中には、収支保証という財政的な支援制度を設けているところもあります。


固定費の支払いに支障が出ないようにする


収支保証とは、加盟店の売上が一定の水準に達しなかった場合に、運営本部がその不足分を保証してくれるという制度です。総収入を基礎にするケースと利益を基礎にするケースの2種類があります。
店舗経営においては、売上の多寡に関係なく家賃や人件費などの固定費が毎月発生します。店の売上でその分を賄いきれないとなると当然ながら赤字が発生し、経営が不安定化します。
収支保証制度はこの赤字分を本部が補てんし、店の運営に支障をきたさないように支援するためのものです。特に開業当初は初期費用の負担が大きい上に固定客も付いていない状態のため、いきなり売上を黒字にするというのは簡単なことではありません。そんな場合にこの収支保証制度があれば、安心して事業の立ち上げに専念することが可能になります。