「今さら訊けないフランチャイズのシステムとは?」

独立を保ちつつチェーン展開


フランチャイズは小売業やサービス業がチェーン展開を行う際の経営手法の1つで、加盟店方式とも呼ばれています。
フランチャイズ方式による事業運営は、フランチャイザーと呼ばれる統括本部とフランチャイジーと呼ばれる各店舗の2つから構成されます。フランチャイジーはフランチャイザーと加盟店契約を締結することでそのチェーンの統一された商号のもとで営業する許可を得ると同時に、店舗経営にかかるさまざまなノウハウの適用を受けます。その対価として、フランチャイザーに対して月々の売上の中から決められたロイヤリティを支払います。
財務面においては、各フランチャイジーは基本的にはそれぞれが独立経営となります。ただ、チェーンによってはフランチャイザーが開業後の一定期間赤字を補てんする、収支保証という支援制度を設けているケースもあります。


手厚いサポートで安心経営


フランチャイザーによる各フランチャイジーへのサポートは、業種や個々の企業によって千差万別です。具体的な例としては、小売店であれば商品の調達、飲食店であればメニューの開発やレシピの提供などが挙げられます。また、内装工事の手配・制服の貸与・各種研修の実施といったサポートはおおむねどの業種にも共通して見られます。さらに貴金属やブランド品等の買取専門店における古物商の資格取得など、公的な手続きに対するサポートが提供されているケースもあります。
ロイヤリティの支払い形態もさまざまですが、主流となっているのは毎月の売上の何パーセントといった具合に定率で支払うタイプと、売上に関係なく定額で支払うタイプの2種類です。どちらかを選択できる場合もあります。